レイ・チャールズ

最後にご紹介するソウルアーティストは、死後にグラミー賞を獲得したという珍しい経歴を持つソウルアーティストの「レイ・チャールズ」です。

レイ・チャールズってどんな人?

レイ・チャールズは6歳の頃、緑内障により盲目になりながらもピアノを学び、ピアニストとしても活躍しました。

また、サザンオールスターズの「いとしのエリー」をカバーしたことでも有名です。

代表曲

・Unchain My Heart(1987年)

…こちらは曲名の通り、「心の鎖を解き放つ」ことをテーマにしている曲で、黒人の奴隷制に通ずるものを感じます。

・Georgia On My Mind(1960年)

…これはもともと1930年にホーギー・カーマイケルが作曲したもの。1960年にレイが歌った曲で、ジョージア州の州歌にもなっています。それほどの影響力ということですね。