サム・クック

続いてご紹介するソウルアーティストは、1950年代に活躍したレジェンド「サム・クック」です。

歌だけではなく、整った顔立ちとモデルのようなスタイルも相まって大人気のアーティストでした。

サム・クックってどんな人?

Sam Cooke in the studio in the early 1960s.

鼻にかかった歌い方が特徴的で、「クック調」という言葉ができたほどでした。

また、1950年代では異例のビルボードのポップチャートにもランクインする人気ぶり。

代表曲

・Good times(1964年)

…こちらは1964年に33歳の若さで亡くなる5ヶ月前にリリースされた楽曲で、最後のアメリカンR&Bチャートランキング1位の曲です。

・Twistin’ The Night Away(1962年)

…こちらの曲は作詞作曲をサム・クック本人が担当しており、ダンスを楽しむ人からインスピレーションを受けて作られました。